プロフィール

satoru-abe335

Author:satoru-abe335
京都在住のギタリスト。

12歳でギターをはじめ、高校卒業後、AN MUSIC SCHOOLに入学。
在学中にR&B,FUNK,JAZZなどのブラックミュージックを学ぶ。

ジャンルの枠に捉われない個性的なプレイが特徴で
関西を中心に自己のインストグループ「阿部悟GROUP」や
POPSユニット「Calmia」で活動している。

演奏業の傍らJEUGIA(株)、MUSICラボ音楽教室などでギター、アンサンブル講師を務めて後世の育成にも力を入れている。

2012年からはギタリスト津本幸司さんプロデュースの「ボストンボサノバグループ」にも参加。

演奏依頼やエレキ、アコースティックギターの個人レッスンも受け付けております。
(下のカテゴリの「ギターレッスン」に詳細載せています。)


管理人へのメールは>>こちら

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも一覧

ブロとも一覧

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

自然を満喫 ③

またまた釣りに行ってきました

最近LIVEが無いせいか趣味に時間を使っています!!
でもギターの練習もちょっとはしてます。ちょっとね・・・^^;

今回は普通に仕事を終えた後に
一人でバイクで西宮ケーソンへと行ってきました


tati1.jpg


エサは持たずにルアーのみです!!!

そして狙いは太刀魚のみ

下道で2時間近くかけて行き、西宮の海に着いた頃は
体も冷え切り、眠気に襲われてました


防波堤は1.2キロと長く、よさそうなポイントを
ルアーを投げながら探しました。

しかし、平日の夜の防波堤は釣り人も少なく
まさに

「闇」


しんどく、寒い中、くじけずに頑張って投げ続けました><


1時頃~5時頃まで一切釣れる気配はありません・・・

もう帰ろうと思い、とぼとぼと歩き出した瞬間・・・

海のあちこちでなぶらが発生しました!!

海面を見ると小さな鰯の巨大な群れが大きい魚に襲われていました


疲れきった体にも再びスイッチが入り、補助エネルギーを振り絞ってルアーを投げ続けました!!


すると何度もアタリはあるが上手くノらず、
ルアーチェンジをしたら釣れました(≧∀≦)

念願の太刀魚


tati2.jpg

太さが指4本位の長さが80センチ位でした


家に帰ってから内臓とかを出し、簡単に捌いて保存しました。
本当は刺身で頂きたかったが、完徹だった為に眠気がひどく
泥のように眠りました

夕方からの仕事は疲れや眠気がとれずに、歳を感じました


これから調理して頂きます

tati3.jpg
スポンサーサイト

自然を満喫 ② 海釣り編

前からバス釣りばっかしてた自分ですが
最近海釣りにもハマってます

昔から魚は食べるのがあまり好きではなかったのですが、
寿司は大好きという人間でした

よく周りからは変とか言われるのですが、
生(刺身)だったら食べれるっていう人はいないでしょうか?笑


そして歳を重ねるに連れて、生でなくても食べれるように
なってきました


そんな訳で昨日も食料調達?の為に
西宮の海(大阪湾)、西宮ケーソンへと行ってきました。

さすが大阪湾というだけあって水は結構汚かった・・・

前回の舞鶴も結構汚かったが><


15時位に着くと日曜だけあって凄い釣り人の数!!
というよりほとんどがファミリーFishingでした


なので、防波堤の一番手前のポイントで釣り始めました。


餌をまくと凄い小魚の数!!!

よく見ると鰯の群れでした。


今回も相変わらずサビキ(初心者用の小物数釣り仕掛け)で
入れ食いしました

バス釣り用のルアーやワームで、はねや太刀魚、ガシラ、メバルなんかも
狙ってみましたが、釣れるのはさびきでの鰯のみでした

ほとんどが子鰯でしたが、3匹程手の平オーバーの鰯も釣れたりしました

iwasi.jpg



帰ってからはアパートの管理人にも差し入れし、
から揚げ等の調理をして美味しく頂きました


iwasi2.jpg

将来、仕事を引退した時に海の近くに住んでたら
毎日釣りに出かけて、晩御飯のおかずは魚になるだろうな~と
ふと、老後の事も考えてしまいました!

秋の魚は脂がのって美味しいので

海釣り!

オススメです

自然を満喫 ①琵琶湖編

先週の木曜日だったかな・・・??

琵琶湖に釣りへと行ってきました。

勿論、バイクで

この時季は釣れなくても琵琶湖で釣りをしてるだけで癒されます☆


平日の昼間なので、いつものポイントへ着くと貸切状態でした

iwaa2.jpg


秋の空は結構日によって変わりますよね!

釣りをやめて空の撮影なんかもしてました

iwa.jpg


iwaa.jpg


携帯のカメラからなので、逆光で撮りにくかったですが
何枚か撮ったうちの2枚を載せておきます。


そして夕方になると釣り人が何人か来て
釣りをしだすのですが、最近の琵琶湖のバサー(バス釣り師)は
本当にマナーが無い


人が先にやってるところを平気で割り入って投げてくる

注意しようかとも思いましたが、せっかくの休日をトラブル等で気分害したくないので
我慢しました!(態度にはメッチャ出したが)


おかげでこの日はチビを数匹釣るだけで終わりました。

iwaa3.jpg


やはり自然を相手にしての釣りって深いな~と思います。

でもこの世界でのプロがいて、トーナメントなんかでも必ず
上位に入ってくるような人間が少なからずいる!
そういう人は本当に凄いな~と感心します

釣りって運も必要ですが、トーナメントで勝っていくためには
技術や経験、色んなノウハウが必要となってくるんでしょうね。

まぁ、今年の春には残念な事件もありましたが・・・
上記で書いた様な、毎回ほとんど上位に入賞してくる選手がいて
ある大会の時に隠してた活きエビ
発覚してしまったのです

バス釣りは基本ルアーという疑似餌を使っての釣りで
トーナメントでは活き餌は認められていないのです・・・

勿論、この選手はもうバス釣り界から追放されて
現在は一般人としてやり直しているのでしょう。。

自分も実際に会ってお話したり写真を撮ってもらったりもしたこと
ある尊敬出来るプロだったので、とても残念な気持ちになりました

まぁ、バス釣りの業界も完全に冷え込んでいて
かなりの不況だと思うので、プレッシャーはあったのでしょうね・・・

何事も好きなことは趣味が一番なのかもしれませんね

音楽の道を選んでる自分が言えませんが^^;


自然を満喫②へと続く

モダンタイムスのカレーうどん最高

先日、16日はトミタショウゴバンドのサポートで
木屋町三条にある「Modern Times」で演奏してきた

ii.jpg


ここでのLIVEは演奏以外にも楽しみがあり、それが

「食」!


安くて美味しいんです


しかも全品500円というリーズナブルな価格

オススメはオムライスと裏メニューのカレーうどんです!!


iii.jpg

この日はカレーうどんを頂きました

その辺のカレーうどんよりも本当に美味しいです!!


そしてLIVEの方は久しぶりにトップバッターで、気合入れて頑張らせて
頂きました★
トミタさんのCDも売れることを願っています


また来月以降もLIVEが決まってきたので、決定してるものだけ
載せておきます。



●11/11(水) トミタショウゴ at都雅都雅

料金、出演者など詳細未定

Vo:トミタショウゴ Ba.土井 重彰 Dr.土佐明寛 Gt:阿部悟


●11/20(金) JAZZバンド at 三条SOMETHINGⅣ

charge:/1500yen open/18:00 start/19:30

Gt:阿部悟 Pf:岸本良平 Ba;佐々木善暁 Dr:樋下善弘

関西若手JAZZ軍団に混ぜて演奏させて頂きます。付いていくのが
精一杯にならないよう頑張ります。


●12/17(木) 3ギターセッション at 三条SOMETHINGⅣ

charge:/1500yen open/18:00 start/19:30

Gt:阿部悟、小野洋平、後藤俊明 Pf:濱田卓也 Ba:木田聡 Dr:前島文子
ボーカリストも入る予定で御座います。



宜しくお願い致します。

今日は久しぶりのLIVEです(サポート)

今日は久しぶりのLIVEです
トミタショウゴバンドのサポートです。


10月16日(金曜)
京都 木屋町ModernTimes
http://www.mtimes.jp/
1500円(1フード、1ドリンク付き)
OPEN 18:30 START 19:00
(出演)J-Funk All Stars/トミタショウゴバンド
京都ハンサムズ/依光兼人




最近機材を色々変えたにもかかわらず、
今までと同じ物で望みます!!

今日は「トミタショウゴ」さんのPOPS系LIVEなので、
こういう時はJC120にマルチエフェクターっていうのが
一番いいんですよね!

荷物もギターとエフェクターのみなので、電車でも楽チンです

しかも今日はトミタショウゴ氏のレコ発ライブ(レコード発売記念LIVE)も
兼ねているので、気合入れて頑張ろうと思います☆


まぁ、ソロ等の大した見せ場は無いのですが、
音の厚みを作るのが僕の役目だと思っているので
ホソボソと頑張ってきます(笑)


そして昨日はトミタさんバンドのリハがあったのですが、
僕の参加したCDが完成ということで頂いて帰ってきた


aaa.jpg


aaaa.jpg


6曲入りで1500円で御座います。

1.Back to the city
2.Another World
3.君に会いにいこう
4.オノレサイダイゲン
5.サマーストリートライブセッション
6.約束


トミタさんの弾き語りも良いですが、BANDの音も凄く良いです。
これから色々なライブハウスやスタジオにも並ぶみたいなので
是非、聞いてみてください

第7回 オルタネイトとドレミの応用

前回の講座でオルタネイトピッキング
事を書きましたが、今回は「ドレミファソラシド」でやるのではなく
応用した練習方法です。

それは名づけて

1個飛ばし、1個戻り奏法!

まず「ド」(5弦3フレットを人差し指)を弾きます。

次に「レ」にいかずに、「ミ」にいきます。(これが1コ飛ばし)

次に「ミ」から1コ戻って「レ」にいきます。

「レ」から1コ飛ばして「ファ」・・・

というようになります☆

まとめると、

ド、ミ、レ、ファ、ミ、ソ、ファ、ラ、ソ、シ、ラ、ド、シ、レ、ド

今まだ解説していない、高い(オクターブ上)「レ」が出てきますが、
2弦の3フレットを中指で押さえてください。

最初は頭を使うと思いますが、慣れたらすぐに出来るようになります。


しつこいようですが、指はきちんと守りましょう。

ド、ミ、ラ等の2フレットを押さえる時は人差し指

ファの3フレットは中指

シの4フレットは薬指

レ、ソ、高いド等の5フレットは小指



出来るようになったら高いドからの下りもやってみましょう。


ド、ラ、シ、ソ、ラ、ファ、ソ、ミ、ファ、レ、ミ、ド、レ、シ、ド


です。

こちらも、まだ出てきてない「低いシ」の音が出てきますが、
人差し指で5弦の2フレットを押さえましょう。

是非、初心者の方はチャレンジしてみてください☆

次は活字では難しいですが、リズムやテンポ等について書いて
みようと思います。

Taylor 214ce



091012_1822~01

USEDで安値で購入したのだが、前のオーナーさんは
ほとんど弾いてないようで、新品状態で手元にきました。

今までアコギを購入したことが無かったのですが
弾いてみてビックリ!!
あまりの音の綺麗さにハマってしまいました。

ライブではあまり使うことは無いかもしれないですが、
家では一番手にとってしまいそうなギターです。

やはりアコースティック楽器は安い物と高い物の差が
凄く出ますね。

食欲の秋

最近、音楽講座ばっかりの更新だったので、久しぶりに日記を

まず、散々買い物していた私だが、とどめにギターを購入してしまった・・・
今回は家族の力もお借りしました><
また写真付きで書きます。


さて、最近生活水準が低くなってるのか
ほとんど自炊で、家でご飯をしています

欠かせないのが味噌汁

昔からまぁまぁ作っていたが、最近は野菜など
具をたっぷり入れて、豚汁風に作るのがお気に入りです
miii.jpg

特に油揚げが好きです


そして今日は仕事後に久しぶりの焼肉へと行ってきました★

とは言っても「でん」へ

今「でん」は創業祭とかいうイベントをやっていて、
肉の5種盛り食べ放題というのをやっていて、
男性1500円、女性1000円で食べれる

ご飯や一品物は含まれないので、単品で注文
2000円位でガッツリ食べれました。

miiii.jpg

やはりたまには肉を食べないとですね

そして帰りにダイソーを寄り飴のコーナーを眺める
基本、変わった物に惹かれるのだが、今回はごま飴というのを
買ってみた。

miiiii.jpg

結構これが美味しくて、口寂しい時にはいいお供になりそうです


あ~それにしても早くLIVEがしたいです★

今年も残り2ヶ月半、LIVE予定が入ってきてるので頑張ります!!
またスケジュールも載せますので宜しくお願い致します。

第6回 ピッキング

今回はピックでの奏法を解説していきたいと思います。

ピッキングとは正に字の通り、ピックを使って弦を弾くことです。

まずはピックの持ち方から確認してみましょう。


今回はティアドロップという形のピックを
使います。

siajsag.jpg

確かに涙の形をしていますね!

持ち方ですが、人によって多少は違ってきます。
持ち方、持つ深さなど・・・

まずは、基本的な持ち方をしましょう。

下の形(?のような9のような)を右手で作ってみてください。

nyahso.jpg


そして人差し指の第1間接から指先の丁度真ん中に
ピックの上の辺がくるように置いてみましょう。

ksah.jpg


そして親指を添えると

au.jpg


こういう感じになります。

これで弦を正しく弦を弾くことが出来ます。

僕の生徒さんで0から始める方は、この段階で
「さぁ、それでは弾いてみましょう」

と言うと、弦をはじいて三味線のように弾かれます。

弦の下側にピックの先を潜り込ませ、それを上にはじくように弾かれます。
仮にこれを縦に弾くと表現するならば、
ギターという楽器は横に弾きます。

弾いた後のピックが隣の弦のある方向に進むように。

これは動画でないと解り難いですね・・・


そしてギターの弦を1本1本弾く上で重要なテクニックがあります。

まずは弦を弾くときに、1弦方向に弾く弾き方です。

例えばギターを構えた状態で6弦を弾くとすると
上から下にピックを下ろす弾き方になりますね?

これをダウンピッキングと言います。

今度は逆に6弦側に向かって弾く弾き方です。
それをアップピッキングと言います。


教則本等ではダウンの時は「↓」で表し、アップは「↑」で表されることが多いです。

次にダウンとアップを交互にするというテクニックがあります。

これをオルタネイトピッキングと言います。

非常に重要なテクニックなので、練習しましょう。
慣れれば簡単に出来るようになります。


最初は左手はどこも押さえずに
ひとつの弦を繰り返しダウン、アップ、ダウン、アップ・・・と
繰り返してみてください。

最初は左手が上手くなったら右手がその左手の速さに付いてこれず、
次に右手の弾くのが上手くなっても、今度は左手が追いつかないというのの
繰り返しになると思います。

ギターというのはそういう楽器ですが、どんなに上手い人も皆ここからです☆


継続は力なり ということですね☆











第5回 音を出してみよう

前回は小物の話で終わってしまったので、
ここでやっとギターについて触れていきます☆(やっとです)


ギターを見ると弦は6本張られています。

チューニングの時にも触れましたが、ギターは全ての弦の太さが
違います。
太い弦になればなるほど低音が出て、細くなれば細くなるほど高音が出ます。

これはギター以外でも言える話ですね。

そしてギターの太い方から6弦、5弦・・・
一番細い弦が1弦となります。


そしてギターのネック(指板)には沢山の銀の細い棒が取り付けられています。

これをフレットと呼びます。


a.jpg


このフレットというのは非常に大事なもので、これを目安に
どこにどの音があるか解るようになっています。

なので、ギタリスト同士の会話では「5弦の3フレットを押さえて」というような
会話が日常茶飯事です。

そう言われたら5弦にある、上から3つ目の棒の上のブロック(指板上)を押さえたら
いいのです。

実際にギターが目の前に無い状態では解りにくい説明かもしれないですが
大事なところなので、覚えましょう。


そう考えるとギターは弦が6本、フレットの数がギターによって違いますが
22フレットとすると、全部で132箇所抑えるところがあるのです。

中には勿論、同じ音も存在するのですが
132箇所というだけでも結構な数ですね。


ピアニストは基本鍵盤のどこに「ド」があるとか「ソ」があるとか知っています。
解った上で曲を弾いています。
しかし、ギタリストは知らないで弾いてる人が大勢います。

ギターにはTAB譜(タブふ)というギター専用の楽譜があり
それを使えば楽譜が読めなくても、ギターのどこに何の音があるのかを
知らなくても弾けてしまいます。

弾くという技術さえ身につければ弾けちゃうってことですね。
(TAB譜についてはまた後に触れようと思います。)


しかし、楽器なのにどこに何の音か解らないで弾いてるというのは
寂しい感じもしますし、何より自分の音楽の幅を狭めてしまっています。

まずは楽器なので指板の音を知るということは最も基本的なことで
一番大事なところと言っても過言ではありません。

かと言って、最初から132箇所の音を覚えるのは無理です。
一番基本なポジションでやってみましょう。

最初は構えからです。人差し指は2フレット辺り、中指は3フレットあたり、
薬指は4フレット辺り、小指は5フレットあたりで構えましょう。

kamae.jpg



※これから出てくる写真は指を見えやすいようにした為に押さえてる以外の指は
引っ込めていますが、最初の構えを崩さないようにしてください。


まず、5弦の3フレットの場所を中指で押さえてみましょう。
これが「ド」です。

do.jpg


次に5弦の5フレットを小指で押さえてみましょう。
これが「レ」です。

re.jpg


4弦2フレットを人差し指で押さえてみましょう。
これが「ミ」です。

mi.jpg



4弦3フレットを中指で押さえてみましょう。
これが「ファ」です。

4弦5フレットを小指で押さえてみましょう。
これが「ソ」です。

3弦2フレットを人差し指で押さえてみましょう。
これが「ラ」です。

3弦4フレットを薬指で押さえてみましょう。
これが「シ」です。

3弦5フレットを小指で押さえてみましょう。


これで押さえた弦を弾けば「ドレミファソラシド」が弾けてしまいます。

市販の本では5弦3F等と書かれていることもありますが、
この「F」というのは「フレット」のことです。覚えておきましょう。

気付いた方もいるでしょうが、指は規則的に押さえるようになっています。
(2フレット上は人差し指、3フレット上は中指、4フレット上は薬指、5フレット上は小指)
必ずこれを守ってください。

指が違うとバタバタなってしまったり、見た目にもおかしくなってきます。
最初は小指が特に難しいと思いますが、何事も慣れです!
頑張ってみてください☆



第4回 ギター小物

前回でチューニングの事を書いたので、ここで初めて
ギターを弾くことが出来ます。

しつこいようですが、毎回チューニングはきちんとするように
心がけましょう。


まず、ギターに必要な小物の話ですが

一番欠かせないのがピックでしょう!!

ピックとは基本、三角の形をしていて
親指と人差し指で挟む様に持ち、ギターを弾くものです。

自分は指弾きのみを目指してるんだ!というような方も
最初はピックから始めることをお勧め致します。

ピックで基本的な事が出来るようになってから
指弾きにチャレンジしましょう。
ピックの方が指よりも硬いので、リズムがタイトに出やすいはずです。


そして、エレキギターやエレキアコーステッィク(エレアコ)等を
アンプに繋いで音を出す場合に必要となってくるのが
シールドです。

言ってしまえば、ギターとアンプを繋げるケーブルです。
このケーブルがギターからアンプへと電気信号(音)を送り、
アンプで音量などを調節して外に音を出します。

なので、このシールドをケチると
音は細く、あまりいい音は出せません。(音の好みもあるがここでは一般的意見で)

しかし、2000円程度のものがあれば最初は十分だとは思います。

そして立って弾くにはストラップという物が
必要になってきます。

言ってみればただの肩ひもです。
色んな素材、柄が色んなメーカーから出ているので
自分の好みの物を選べばOKでしょう★

そしてギタースタンドはあるとかなり便利です。
家で置いておく際に立てておけます。


その他にも小物は色々ありますが、これだけあれば最初は困らないかと思います。
勿論、前回に書いたチューナーもお忘れずに☆

第3回 チューニング

ギターや弦楽器が演奏を始める前に必ず必要なことがあります。

それは

チューニングです。
チューニングとはピアノでいう調律みたいなものです。

ギターの場合、弦が6本ありますが、それぞれ音が決められています。

一番太い弦が6弦なのですが、細い方へ向かっていくと
下のようになります。

※日本では「ドレミファ~」と言いますが、大体の教本はアルファベット表記で
書かれています。こちらの方が実用的なので覚えましょう。

(C=ド D=レ E=ミ F=ファ G=ソ A=ラ B=シ)


6弦・・・E(ミ)
5弦・・・A(ラ)
4弦・・・D(レ)
3弦・・・G(ソ)
2弦・・・B(シ)
1弦・・・E(ミ)


これが基本のチューニングです。
このようにセッティングして、やっと「ド」の場所を押さえたら「ド」の
音が出るようになるのです。

従ってチューニングが狂っていては、「ド」の場所をちゃんと押さえても
「ド」の音は出てきません。

なので、ミュージシャンはライブ中や曲間にチューニングは頻繁にチェックしています。

どれ位大事な事か解って頂けたでしょうか?


チューニングは耳でやる方法もありますが、正確さは機械には勝てません。
そこでチューナーという物が存在するのですが、楽器屋さん等に行けば
1000円位~買えますので、必ず購入すべきアイテムです。

これでやっとギターを弾くことが出来ます☆

次の講座ではギターの道具や実技について書いていきます。





第2回ギター選び②

僕が初めてエレキギターを購入したのは確か中学1年の頃だったろうか・・・

弾き語りの為の本、「月間 歌謡曲」という雑誌にある広告を見て
買った19800円の黒と白のギターセットでした。

勿論、周りでエレキギターをしている友達もいなかったので
知識等は全く無く、見た目だけで通販で購入しました!


そう、最初は安い物を買うならば見た目だけでいい気もします。
それだけでやる気が出ます!!

今でも僕は見た目も重視します。
音が良くても見た目が自分の好みに合わないものは買いません!!


しかし、当時のその19800円のギターSETのギター本体は
今思うと、あまりに酷い作りで・・・
実際に数ヶ月後には新しいものを買いました。


まさに安物買いの銭失い・・・+_+


そうならない為のポイントを挙げてみました


通販では無く、極力お店で買う

ギターが弾ける人と買いに行く

実際に触らせて(持たせて)もらい、自分の体や手にしっくりくるものを選ぶ

SETのギターの購入は出来れば購入しない

4つ目のSETをお勧めしない理由は、やはりアンプや小物がSETになっていてお得感はあるが
1つ1つのアイテムの質が悪すぎます。

僕でしたら、仮に予算が5万でしたら、5万のSETを買うより
4万のギター、8000円位のアンプ、残り2000円で必要な小物だけ買います。

アンプ等は美USEDの物でも8000円出せば、定価15000円位の物は
買えるでしょう。

そして後、重要なのが見た目でしょう★

一番に持ちやすさ、扱いやすさを考えて、その中から自分の好きなルックスの
物を選べば間違いないのではないでしょうか?

僕はその逆もありで、大体は見た目一番で購入してしまいます。
ネックは弾きこんでいると慣れてくると思います。(あくまで持論)


後は店員さんに相談してくれれば相談にのってもらえるので、
お店の人に色々と相談してみるのもいいと思います。


今では便利なサイト(HP)がたくさんあって

「デジマート」や「サウンドハウス」等で
検索してみると色んな楽器が出てきます。

これがまた目に毒だったりもするわけです(笑)


ということで、ギターの選び方でした★

第1回 ギターの選び方①

早速、第1回を書いてみたいと思います。

まずはギターの種類や選び方です☆

僕の生徒さんでギターを0から始める方っていうのは
およそ半分、5割位です!


そういう方の大体は誰かアーティスト等に影響を受けて入って
来られる方が多いです。


ちなみに僕は当時LUNASEAに影響されてエレキギターを始めましたヽ(*^^*)ノ


さて、本題に入りましょう。

ギターというのは色んな種類があります。


大きく分けるとエレキギター、アコースティックギター、クラシック(ガット)ギター
でしょうか。

エレキギターというだけでも沢山の種類がありますが、TVとかで観る
BAND系のギターはほとんどこれに当てはまります。

エレキギターの特徴としては、皆さん容易に想像付くと思いますが、
基本、大体の物がソリッドボディ(ギターに穴が空いてないもの)です。
有名な物ではFender社のストラトキャスターやGibson社のレスポール等ですね☆

アコースティックギターやクラシックギターは真ん中に丸い穴が開いていて
いかにも「ギター!!」という物です。

初心者からしたら見た目は全く同じような物なのですが、
弦からして全く違い、音楽のジャンルなんかも全く違うものとなってきます。

勿論、どんなギターでも大体のジャンルには対応できちゃいます☆

クラシックギターでゴリゴリのロックをやりたい!!
とかそういうのは無理ですけどね><


ということで、最初の1本は自分の音楽に合った楽器を選ぶところからです☆

まずは、一人でクラシックの音楽や指弾き等を中心にやっていきたいと
思うのであればクラシックギターでしょう。
上手くなってくると自分でメロディに伴奏やベースを
入れることが出来、一人で音楽を完成出来てしまいます。

このギターの特徴でもあるナイロン弦により、音もとても丸いです。


そして現在では一番流行っているギターと言っても過言では無いかもしれません。
アコースティックギター!

一般的に「アコギ」と呼ぶ人が多いです。

僕の生徒さんで入会してくる方もこのギターが多いです。

スチール弦特有のジャキジャキした音
大きいギターのボディ
サウンドホール(ギターの中心の穴)

全てが相まって、そのまま弾くだけでもかなりの音量が出ます。
弾き語り(ギターを弾きながら歌うこと)に使っている方がとても多いです。
インストゥルメンタル(歌の無い音楽)では押尾コータローやゴンチチ等が有名ですよね。


そしてエレキギター!

言ってしまえば一番物欲が出てきて、後にも一番お金がかかってくる
楽器だと思います。(笑)
(※注意:あくまでお金をかけない人もたくさんいます!機材等の種類が多いので
凝り症の人はとてもお金がかかるという意味です)


エレキギターというのは字の通り電気を使う楽器です。

とは言ってもギター自体に音を出すのにコンセントが付いてるという
訳ではなく、アンプというスピーカーにシールド(ケーブル)を繋ぎ
アンプでのセッティングで音を調節して音を増幅して出すというものです。

なので、アンプにはコンセントは付いてます(^-^)

そして最大のメリットとしては電気信号により色んな音を作れてしまうという
ことではないでしょうか。

言ってしまえば、エレキギターでアコースティックギターの音を
出すというのも可能な訳です。
あくまで真似ているというだけなので、生のアコースティックギターの音とは
ちょっと違いますが・・・

昨今のROCKやPOPS、JAZZ、BLUSE等、様々な音楽に扱われています。
しかし、前述にも述べた通り、アンプや機材等、色んな物を揃えなければ
エレキギターの長所は引き出せないというところですね。(お金がかかります)

ちなみに最初に述べた2つのギター(アコースティック、クラシック)にも
エレキ使用になってる物があります。
アンプに繋げればそのまま使えますし、一石二鳥ですね!

 
さて、次はそんなギターの選び方ですが、ちょっと長くなりすぎてしまったので
次回に書きたいと思います。

短くコンパクトに纏めるのがいいのでしょうが、初心者にも解り易くをモットーに
してるので、多少長くても細かく書いていきたいと思っております。

では次回は実際に買う上でのポイントです(o^∇^o)ノ











プチ音楽講座

今日から「プチ音楽講座」というものを始めていきたいと思います。

僕自身、音楽理論に強いという訳ではないですが
現在、講師業をしていて市販の教本等をよく見るのですが
解りやすい物もあれば、全く大事なところに触れていない物まで
様々です。

特に「初心者向け」と書かれている本ほど
重要なところが抜けているように思う。

やはり教えていると「ドレミファソラシド」というのはなんとなく
解っているが、五線譜の意味、読み方が解らない人は沢山います。


そういうことから自分自身、初心者に向けてのわかりやすい教則物を
作りたいというのは以前から考えていました。

将来、そういうことが出来る機会があるかもしれないので
今から文章力や自分の考え方を整理するという為にも今こうやって
書いていこうと思いました。

僕自身も音楽理論の難しいことは解らないことも沢山あるので、
僕自身の経験、自分の言葉での解説で、初心者向けの講座になっていくと
思います。

それによってブログに訪れる人が増えてくれたら嬉しくも思います。

※ブログTOPのカテゴリに「プチ音楽講座」として挙げています。
宜しくお願いします。

休みは琵琶湖!!!

最近、かなり秋っぽい気候になってきた気がします
まだ昼間は暑いですが。

そんな私ですが、これから平日の休みで予定が無い時は
琵琶湖に釣りに行くことを決めました。

やっぱり、琵琶湖はいるだけでも癒されるし
魚との格闘が辞められません><


先日もバイクで昼間から琵琶湖に行ってきました


091001_1328~01turi

滋賀までの道も空いていて、快適にツーリング気分を
味わえました。


着いて、釣りを始めだすと、ゾロゾロと人が絶えずやってくる・・・

しかもバス釣りなのに、全員餌釣り!!!!!

なんて邪道な


しかも初心者なのだろう・・・

常識も無く人が投げてるすぐ横に陣取って、人の足元にまで
仕掛けを投げてくる始末。。

あまりの常識の無さに注意しました

いい歳の連中なのに常識も無くて困ったもんです。。

しかも話を聞き耳立てて聞いてると
何かの大会らしい。

恐らく漁業組合か何かの外来魚駆除目当ての大会だろう・・・


しかし、そんな初心者が大して釣れることは無く
ブルーギルばっか釣っていた


その横でデカイバスを釣ってやりましたよ

091001_1448~01turi


なんだかんだ写真も撮ってもらった

091001_1449~01turi
でも顔はその人たちに怒りを感じているために怖い(笑)


45センチ位のを釣り上げると、今度はその魚を500円で売って欲しいとか言う
汚い人まで・・・


風も強くなるし、その人たちは釣り場を荒らすし、その日は早く帰ることに
しました。

するとそのご一行も帰るところで・・・

そんなことならもう少しあの場所でやってきたら良かった

タイミングや条件が最悪な釣行になりましたが、やっぱり
釣りは楽しいです★

週末も休みがあるので、久しぶりの海釣りを堪能してこようと
思います

| ホーム |


 BLOG TOP