プロフィール

satoru-abe335

Author:satoru-abe335
京都在住のギタリスト。

12歳でギターをはじめ、高校卒業後、AN MUSIC SCHOOLに入学。
在学中にR&B,FUNK,JAZZなどのブラックミュージックを学ぶ。

ジャンルの枠に捉われない個性的なプレイが特徴で
関西を中心に自己のインストグループ「阿部悟GROUP」や
POPSユニット「Calmia」で活動している。

演奏業の傍らJEUGIA(株)、MUSICラボ音楽教室などでギター、アンサンブル講師を務めて後世の育成にも力を入れている。

2012年からはギタリスト津本幸司さんプロデュースの「ボストンボサノバグループ」にも参加。

演奏依頼やエレキ、アコースティックギターの個人レッスンも受け付けております。
(下のカテゴリの「ギターレッスン」に詳細載せています。)


管理人へのメールは>>こちら

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも一覧

ブロとも一覧

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

第1回 ギターの選び方①

早速、第1回を書いてみたいと思います。

まずはギターの種類や選び方です☆

僕の生徒さんでギターを0から始める方っていうのは
およそ半分、5割位です!


そういう方の大体は誰かアーティスト等に影響を受けて入って
来られる方が多いです。


ちなみに僕は当時LUNASEAに影響されてエレキギターを始めましたヽ(*^^*)ノ


さて、本題に入りましょう。

ギターというのは色んな種類があります。


大きく分けるとエレキギター、アコースティックギター、クラシック(ガット)ギター
でしょうか。

エレキギターというだけでも沢山の種類がありますが、TVとかで観る
BAND系のギターはほとんどこれに当てはまります。

エレキギターの特徴としては、皆さん容易に想像付くと思いますが、
基本、大体の物がソリッドボディ(ギターに穴が空いてないもの)です。
有名な物ではFender社のストラトキャスターやGibson社のレスポール等ですね☆

アコースティックギターやクラシックギターは真ん中に丸い穴が開いていて
いかにも「ギター!!」という物です。

初心者からしたら見た目は全く同じような物なのですが、
弦からして全く違い、音楽のジャンルなんかも全く違うものとなってきます。

勿論、どんなギターでも大体のジャンルには対応できちゃいます☆

クラシックギターでゴリゴリのロックをやりたい!!
とかそういうのは無理ですけどね><


ということで、最初の1本は自分の音楽に合った楽器を選ぶところからです☆

まずは、一人でクラシックの音楽や指弾き等を中心にやっていきたいと
思うのであればクラシックギターでしょう。
上手くなってくると自分でメロディに伴奏やベースを
入れることが出来、一人で音楽を完成出来てしまいます。

このギターの特徴でもあるナイロン弦により、音もとても丸いです。


そして現在では一番流行っているギターと言っても過言では無いかもしれません。
アコースティックギター!

一般的に「アコギ」と呼ぶ人が多いです。

僕の生徒さんで入会してくる方もこのギターが多いです。

スチール弦特有のジャキジャキした音
大きいギターのボディ
サウンドホール(ギターの中心の穴)

全てが相まって、そのまま弾くだけでもかなりの音量が出ます。
弾き語り(ギターを弾きながら歌うこと)に使っている方がとても多いです。
インストゥルメンタル(歌の無い音楽)では押尾コータローやゴンチチ等が有名ですよね。


そしてエレキギター!

言ってしまえば一番物欲が出てきて、後にも一番お金がかかってくる
楽器だと思います。(笑)
(※注意:あくまでお金をかけない人もたくさんいます!機材等の種類が多いので
凝り症の人はとてもお金がかかるという意味です)


エレキギターというのは字の通り電気を使う楽器です。

とは言ってもギター自体に音を出すのにコンセントが付いてるという
訳ではなく、アンプというスピーカーにシールド(ケーブル)を繋ぎ
アンプでのセッティングで音を調節して音を増幅して出すというものです。

なので、アンプにはコンセントは付いてます(^-^)

そして最大のメリットとしては電気信号により色んな音を作れてしまうという
ことではないでしょうか。

言ってしまえば、エレキギターでアコースティックギターの音を
出すというのも可能な訳です。
あくまで真似ているというだけなので、生のアコースティックギターの音とは
ちょっと違いますが・・・

昨今のROCKやPOPS、JAZZ、BLUSE等、様々な音楽に扱われています。
しかし、前述にも述べた通り、アンプや機材等、色んな物を揃えなければ
エレキギターの長所は引き出せないというところですね。(お金がかかります)

ちなみに最初に述べた2つのギター(アコースティック、クラシック)にも
エレキ使用になってる物があります。
アンプに繋げればそのまま使えますし、一石二鳥ですね!

 
さて、次はそんなギターの選び方ですが、ちょっと長くなりすぎてしまったので
次回に書きたいと思います。

短くコンパクトに纏めるのがいいのでしょうが、初心者にも解り易くをモットーに
してるので、多少長くても細かく書いていきたいと思っております。

では次回は実際に買う上でのポイントです(o^∇^o)ノ











スポンサーサイト

<< 第2回ギター選び② | ホーム | プチ音楽講座 >>


コメント

新着から読んでいたので、

最初のコメントずれてるかもしれません。スミマセン

>稲原美智子
いえいえ、有難う御座います。
これからも読んでやってください!
最初は基礎なので、なるべく早く更新していきます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP