プロフィール

satoru-abe335

Author:satoru-abe335
京都在住のギタリスト。

12歳でギターをはじめ、高校卒業後、AN MUSIC SCHOOLに入学。
在学中にR&B,FUNK,JAZZなどのブラックミュージックを学ぶ。

ジャンルの枠に捉われない個性的なプレイが特徴で
関西を中心に自己のインストグループ「阿部悟GROUP」や
POPSユニット「Calmia」で活動している。

演奏業の傍らJEUGIA(株)、MUSICラボ音楽教室などでギター、アンサンブル講師を務めて後世の育成にも力を入れている。

2012年からはギタリスト津本幸司さんプロデュースの「ボストンボサノバグループ」にも参加。

演奏依頼やエレキ、アコースティックギターの個人レッスンも受け付けております。
(下のカテゴリの「ギターレッスン」に詳細載せています。)


管理人へのメールは>>こちら

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも一覧

ブロとも一覧

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

第3回 チューニング

ギターや弦楽器が演奏を始める前に必ず必要なことがあります。

それは

チューニングです。
チューニングとはピアノでいう調律みたいなものです。

ギターの場合、弦が6本ありますが、それぞれ音が決められています。

一番太い弦が6弦なのですが、細い方へ向かっていくと
下のようになります。

※日本では「ドレミファ~」と言いますが、大体の教本はアルファベット表記で
書かれています。こちらの方が実用的なので覚えましょう。

(C=ド D=レ E=ミ F=ファ G=ソ A=ラ B=シ)


6弦・・・E(ミ)
5弦・・・A(ラ)
4弦・・・D(レ)
3弦・・・G(ソ)
2弦・・・B(シ)
1弦・・・E(ミ)


これが基本のチューニングです。
このようにセッティングして、やっと「ド」の場所を押さえたら「ド」の
音が出るようになるのです。

従ってチューニングが狂っていては、「ド」の場所をちゃんと押さえても
「ド」の音は出てきません。

なので、ミュージシャンはライブ中や曲間にチューニングは頻繁にチェックしています。

どれ位大事な事か解って頂けたでしょうか?


チューニングは耳でやる方法もありますが、正確さは機械には勝てません。
そこでチューナーという物が存在するのですが、楽器屋さん等に行けば
1000円位~買えますので、必ず購入すべきアイテムです。

これでやっとギターを弾くことが出来ます☆

次の講座ではギターの道具や実技について書いていきます。





スポンサーサイト

<< 第4回 ギター小物 | ホーム | 第2回ギター選び② >>


コメント

随分演ってないですが、

嬉しかったです。この記事内容、

>稲原美智子
そう言ってもらえるのは非常に嬉しいです。
これからも自分の言葉で解りやすいように解説
出来たらと思っております。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP