プロフィール

satoru-abe335

Author:satoru-abe335
京都在住のギタリスト。

12歳でギターをはじめ、高校卒業後、AN MUSIC SCHOOLに入学。
在学中にR&B,FUNK,JAZZなどのブラックミュージックを学ぶ。

ジャンルの枠に捉われない個性的なプレイが特徴で
関西を中心に自己のインストグループ「阿部悟GROUP」や
POPSユニット「Calmia」で活動している。

演奏業の傍らJEUGIA(株)、MUSICラボ音楽教室などでギター、アンサンブル講師を務めて後世の育成にも力を入れている。

2012年からはギタリスト津本幸司さんプロデュースの「ボストンボサノバグループ」にも参加。

演奏依頼やエレキ、アコースティックギターの個人レッスンも受け付けております。
(下のカテゴリの「ギターレッスン」に詳細載せています。)


管理人へのメールは>>こちら

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも一覧

ブロとも一覧

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

第4回 ギター小物

前回でチューニングの事を書いたので、ここで初めて
ギターを弾くことが出来ます。

しつこいようですが、毎回チューニングはきちんとするように
心がけましょう。


まず、ギターに必要な小物の話ですが

一番欠かせないのがピックでしょう!!

ピックとは基本、三角の形をしていて
親指と人差し指で挟む様に持ち、ギターを弾くものです。

自分は指弾きのみを目指してるんだ!というような方も
最初はピックから始めることをお勧め致します。

ピックで基本的な事が出来るようになってから
指弾きにチャレンジしましょう。
ピックの方が指よりも硬いので、リズムがタイトに出やすいはずです。


そして、エレキギターやエレキアコーステッィク(エレアコ)等を
アンプに繋いで音を出す場合に必要となってくるのが
シールドです。

言ってしまえば、ギターとアンプを繋げるケーブルです。
このケーブルがギターからアンプへと電気信号(音)を送り、
アンプで音量などを調節して外に音を出します。

なので、このシールドをケチると
音は細く、あまりいい音は出せません。(音の好みもあるがここでは一般的意見で)

しかし、2000円程度のものがあれば最初は十分だとは思います。

そして立って弾くにはストラップという物が
必要になってきます。

言ってみればただの肩ひもです。
色んな素材、柄が色んなメーカーから出ているので
自分の好みの物を選べばOKでしょう★

そしてギタースタンドはあるとかなり便利です。
家で置いておく際に立てておけます。


その他にも小物は色々ありますが、これだけあれば最初は困らないかと思います。
勿論、前回に書いたチューナーもお忘れずに☆
スポンサーサイト

<< 第5回 音を出してみよう | ホーム | 第3回 チューニング >>


コメント

チュ-ニング、

チョットだけアコギで習った身としては耳が痛いです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP