プロフィール

satoru-abe335

Author:satoru-abe335
京都在住のギタリスト。

12歳でギターをはじめ、高校卒業後、AN MUSIC SCHOOLに入学。
在学中にR&B,FUNK,JAZZなどのブラックミュージックを学ぶ。

ジャンルの枠に捉われない個性的なプレイが特徴で
関西を中心に自己のインストグループ「阿部悟GROUP」や
POPSユニット「Calmia」で活動している。

演奏業の傍らJEUGIA(株)、MUSICラボ音楽教室などでギター、アンサンブル講師を務めて後世の育成にも力を入れている。

2012年からはギタリスト津本幸司さんプロデュースの「ボストンボサノバグループ」にも参加。

演奏依頼やエレキ、アコースティックギターの個人レッスンも受け付けております。
(下のカテゴリの「ギターレッスン」に詳細載せています。)


管理人へのメールは>>こちら

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも一覧

ブロとも一覧

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

日本の音楽はどうなっていくのだろう・・・

今回は珍しく、真面目な話。

先日、日本のTOPジャズベーシストの納浩一さんの
ブログに「JAZZは絶滅危惧種だ!!」と書かれていましたが、
今、どんどんそれが現実化してきている気がします。

僕はJAZZは勉強でしてるだけで、JAZZミュージシャンでは無いのですが
昨今の音楽自体の衰退を物凄く感じます。

雑誌のスイングジャーナルは廃刊になるそうで、ハンク・ジョーンズ氏も
先日お亡くなりになりました。

スイングジャーナルは僕は購入したことは無いのですが、
あまり評判は良くなかったのか自業自得的な意見も多いようですね。


まぁ、僕の住んでいる京都(関西)なんかでは衰退どころではなく
もう地盤沈下といった感じで、LIVEをしても集客に困っていない
ミュージシャンはいないことと思います。


そして、特に僕なんかもやっているインスト系のミュージックなんかは
特に厳しいです。

いわゆる、歌が無い音楽ですね。


こういう音楽は今の若い方は聞かないでしょうし、まず聞く機会もないでしょう!
そして、こういう音楽は聞き手にもある程度求められるものが出てきてしまいます。

僕も専門学校に入学当初は、素晴らしい諸先生方の演奏を聞いても
チンプンカンプンで見て、聞いていました。
今でこそ凄さと楽しさを解って自分でも追求していますが!


何か微力でも関西の音楽をもう少しは盛り上げれないかと
考えてはいるのですが、何か案がありましたら宜しくお願い致します。
そして力になってくれる(一緒に考えてくれる)ミュージシャンなんかも
募集してます!


先にも書いた納浩一さんともメールでやり取りさせてもらってますが
「正直、もう八方塞がり状態で、普天間問題みたいなもんです」
とおっしゃっていました。

一流のプロの方でもこういう状態でとても厳しいですが、
何もしないよりは動いた方が良くなるとは思うので、関西音楽シーンを
もっと盛り上げたいですね!!!

とか言いながら今年はインスト系音楽をほとんどやってない私ですが(笑)


ということで宜しくお願いします!














スポンサーサイト

<< Food Fight | ホーム | FOOD FIGHTING >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP